文字の大きさを変更

  • 拡大する
  • 縮小する

地域包括支援センターとは

関連用語:地域、包括、支援

 地域包括支援センターは、65歳以上の高齢者に関する総合相談窓口です。
 高齢者の皆さんがいつまでも住み慣れた地域で生活ができるよう、主任ケアマネージャー、社会福祉士、保健師等が中心となって、介護・福祉・健康・医療などさまざまな面から総合的に支援します。

【 主な業務の内容 】

  1. 相談や悩みにお応えします  〜総合相談支援〜
    介護、健康、医療、虐待、財産管理、生活のことなどのご相談にお応えし、情報提供やサービス調整を行います。

  2. 自立した生活を支援します  〜介護予防支援・介護予防ケアマネジメント〜
    要介護認定で要支援1・2となった方や、介護が必要となるおそれのある方に対し、サービス計画の作成やサービス調整を行い、要介護状態となることへの予防を図ります。

  3. 高齢者の権利を守ります  〜権利擁護業務〜
    悪質商法などの被害防止と対応、高齢者虐待の早期発見と防止、成年後見制度の手続き支援など様々な活動を行っています。

    成年後見制度とは?
    認知症や知的障害などで判断能力が不十分な人が、社会生活で不利益や被害を受けないよう法律的にサポートする制度です。

  4. 多方面から支援します  〜包括的・継続的ケアマネジメント支援〜
    介護・福祉・保健・医療など様々な関係機関との連携を図り、地域における連続的で一貫したケアの実施に努めます。

 

ページの内容に関するお問い合わせ先

阿賀町地域包括支援センター

電話:0254-92-3986 FAX:0254-92-0330

このページの内容は以上です。健康・福祉「地域見守りネットワークについて」へ戻る  このページの先頭へ