文字の大きさを変更

  • 拡大する
  • 縮小する

阿賀町の予防接種

関連用語:予防接種

このページの先頭へ

1.予防接種を受けましょう

 予防接種は、伝染のおそれがある疾病の発生及びまん延を予防するために実施しています。
 また、お母さんから赤ちゃんにプレゼントされた病気に対する抵抗力(免疫)は、生後3ヶ月〜12ヶ月には、自然に失われていきます。そのため、赤ちゃん自身で免疫をつくり病気を予防する必要があります。これに役立つのが予防接種です。

このページの先頭へ

2.予防接種一覧

※平成31年4月1日現在

定期接種

種類 対象者(年齢) 回数 標準的な接種時期等
四種混合
(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
生後3〜90月に至るまでの間にある者 1期初回:3回 生後3〜12か月の間
1期追加:1回 1期初回終了後12〜18か月後
二種混合
(ジフテリア・破傷風)
11歳〜13歳未満の者 1回 小学6年生
MR
(麻しん・風しん)
1期:生後12〜24月に至るまでの間にある者 1回 1歳
2期:5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年の間にある者 1回 保育園年長相当年齢
日本脳炎 1期:生後6〜90か月に至るまでの間にある者 1期初回:2回 3歳
1期追加:1回 4歳(1期初回終了後概ね1年後)
2期:9歳以上13歳未満の者 2期:1回 小学4年生
水痘 生後12〜36か月に至るまでの間にある者 初回:1回 12〜15か月
追加:1回 初回接種終了後6〜12か月
BCG(結核) 生後1歳に至るまでの間にある者 1回 生後5〜8か月
Hib感染症 生後2〜60か月に至るまでの間にある者 初回:3回 生後2〜7か月に至るまで
追加:1回 初回接種終了後7〜13か月あけて
※開始時期が遅くなると接種回数が変わります。
小児肺炎球菌感染症 生後2〜60か月に至るまでの間にある者 初回:3回 生後2〜7か月に至るまで
追加:1回 初回接種終了後12〜15か月あけて
※開始時期が遅くなると接種回数が変わります。
ヒトパピローマウイルス
感染症
12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の間にある女子 3回 中学1年生
※現時点では積極的な勧奨はしていません。
B型肝炎 生後1歳に至るまでの間にある者
※対象となる方は、平成28年4月以降に生まれたお子さんです。
3回 4週間以上の間隔で2回
初回接種から20週以上の間隔をおいて3回目を接種します。
高齢者肺炎球菌感染症 年度内に65・70・75・80・85・90・95・100歳になる者 1回 ※自己負担額 4,610円
季節性インフルエンザ 接種日において65歳以上の者
60歳以上65歳未満で特定の機能障害や免疫機能の障害を有する者
1回 ※自己負担額 1,650円
風しん(成人) 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性
※ただし抗体検査の結果、十分な抗体価が無いことが判明した方
※説明書はこちら
1回 詳細は広報や案内通知をお読みください。

任意接種(費用助成)

種類 対象者(年齢) 回数 備 考
高齢者肺炎球菌感染症 66歳以上で定期接種対象年齢以外の者 1回 ※自己負担額 4,610円
子どものインフルエンザ 1歳以上中学校3年生以下の者(1回のみ助成)
※第3子以上のお子さんについては2回とも助成
13歳未満2回
13歳以上1回
※自己負担額1,080円
 (町外医療機関は償還払い)
 (接種した年度末日まで申請受付した分)
風しん(成人) @妊娠を予定又は希望する女性
A妊婦の夫及び家族等(夫以外の同居家族、当該妊婦と接触することの多い親族など)
※昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性は定期接種の対象
1回 ※要申請。自己負担なし。接種歴が2回ある方は対象外

このページの先頭へ

3.お願いとお知らせ

  • 接種前には、説明書をよく読んできてください。また、予診票は記入漏れが無いようにお願いします。
  • 予防接種の日程等は、「広報あが」などでもお知らせします。
  • 実施している医療機関が分からない場合は、お問い合わせください。
  • なるべく体調の良いときに受けるようにしてください。明らかな発熱(37.5℃以上)が見られる場合などは、接種を受けることができません。

このページの先頭へ

ページの内容に関するお問い合わせ先

阿賀町役場 こども・健康推進課

電話:0254-92-5762 FAX:0254-92-3001

このページの内容は以上です。健康・福祉「健康づくりについて」へ戻る  このページの先頭へ