文字の大きさを変更

  • 拡大する
  • 縮小する

特別定額給付金(仮称)について〜配偶者からの暴力を理由として住民登録地以外の市町村へ避難している方へ〜

2020年4月27日 更新

 「特別定額給付金(仮称)」では、配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日(基準日)以前に阿賀町に住民票を移すことができない方は、申し出により配偶者への給付ではなく避難先の市町村から受給することができます。また、同じ理由により阿賀町内で住民登録地以外を居住地としている場合についても、申し出により配偶者への給付ではなくご本人等に給付することができます。

事前申出期間:令和2年4月30日(木)まで(全国一律)

〇申し出のできる一定の要件
@配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
A婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること
B令和2年4月28日以降に住民票が阿賀町に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

〇対象者
ご本人及び同伴者

〇申し出の方法
@提出先
 阿賀町役場 町民生活課戸籍町民係窓口へ「申出書」を提出してください。
A申出書
 様式は上記窓口のほか、本ページや婦人相談所、総務省ホームページで入手できます。
B申し出に必要な添付書類
 ・婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
 ・保護命令決定書の謄本又は正本

問い合わせ
阿賀町役場 町民生活課 戸籍町民係
電話 0254−92−5761(直通)

このページの内容は以上です。新型コロナウイルス関連情報へ戻る  このページの先頭へ