文字の大きさを変更

  • 拡大する
  • 縮小する

歴史・文化財

 

木造菩薩形立像(もくぞうぼさつがたりゅうぞう)

関連用語:鹿瀬、町有形文化財、彫刻、南北朝時代

 極楽寺境内の観音堂本尊と伝える本像は高さ120cm、がっちりと重量感に富んでいます。両腕の配置から考えると聖観音菩薩像ですが、如来の法衣をまとっています。これは鎌倉時代後半以降に鎌倉で流行する宋代美術の影響です。
  桂材による一木造によっており、宋風の影響を受けつつも在地の力強さもうかがうことができることから、当地で作られたものと考えられます。
  荒々しさの残る表情、重厚な体の造形、衣のひだの表現から、この像の造立年代は南北朝時代(十四世紀中ごろ)と考えられます。

木造菩薩形立像詳細
  • 種別:町有形文化財 彫刻
  • 名称・員数:木造菩薩形立像 1躯
  • 指定年月日:平成17年4月1日
  • 所在地:極楽寺 日出谷甲2636(鹿瀬地区)

このページの内容は以上です。 歴史・文化財へ戻る  文化財・観光・施設マップへ  このページの先頭へ