文字の大きさを変更

  • 拡大する
  • 縮小する

歴史・文化財

 

八坂神社社叢(やさかじんじゃしゃそう)

関連用語:県天然記念物、アサダ群落、落葉広葉樹林、上川

 3haに及ぶ範囲にブナ・ケヤキ・トチ・ナラなどの原生林が広がっています。特に県内では稀なアサダの樹が、小高い丘の頂(海抜300m)にある社殿の附近に20本近くの群落を形成しています。アサダは通常単木で落葉樹林の中に点在するものであり、これほどまとまって生育しているのは稀です。
  山頂付近から東南の斜面にかけては、アサダの高木にアカシダ・オオバボダイジュ・アカメイタヤなどを交えた落葉広葉樹林となっており、この群落に接して北西の斜面に20本ほどのブナの群生する樹林が広がっています。
  これらの樹々が小地域で林分を形成するのは特異なことであり、生態分布上極めて貴重な事例です。

八坂神社社叢詳細
  • 種別:県天然記念物
  • 名称・員数:八坂神社社叢
  • 指定年月日:昭和55年11月12日
  • 所在地:東山字中り戸ほか(上川地区)

このページの内容は以上です。 歴史・文化財へ戻る  文化財・観光・施設マップへ  このページの先頭へ