文字の大きさを変更

  • 拡大する
  • 縮小する

つがわ 狐の嫁入り行列

 

狐の嫁入り行列の流れ

関連用語:津川、交流、きつね、キツネ、奇祭、祭り、イベント

何もかもが夢絵巻

 昔、麒麟山には狐がいて、毎晩のように狐の声が聞こえ、狐火が見られました。津川の狐火は世界一で、麒麟山にまつわる狐火の話しは数多くあります。

 昔、嫁入りは夜にかけて行われ、あたりは暗く、堤灯を下げて行列しました。この堤灯の明りと狐火が平行して見え狐の嫁入り行列が生まれたとも言われています。

 「狐の嫁入り行列」は幻想の世界です。しかし、親から子へ、子から孫へと言い伝えられ、狐火の多く見える年(狐の嫁入り行列の見えた年)は豊作で縁起が良いとされていました。

 

花嫁・旅立ちの儀

白無垢姿が初々しい今宵の主役・花嫁。
うつむき加減でお里に別れを告げる。

午後5時頃 住吉神社

狐の嫁入り行列

イヤーソーライーの木遣りにのせて、嫁入り行列がおごそかに進む。
きつねの動作をユーモラスに再現しながら夜の街道を練り歩く。

子ぎつねの祝踊り

可愛らしい子ぎつねが元気いっぱい、はねまわる祝いの踊り。

午後6時30分頃 下越酒造前、保育園児による踊り

結婚式・披露宴

多くの祝福に包まれて、古式ゆかしい結婚の儀式。
とこしえに深い契りを結ぶ。

午後7時45分頃 麒麟山公園到着、午後8時頃 結婚式・披露宴

フィナーレ

燃えさかる狐火に送られて渡し舟に乗って麒麟山へ。
世にも幻想的なクライマックス。

午後8時45分頃 フィナーレ

 

 

このページの内容は以上です。つがわ 狐の嫁入り行列へ戻る  文化財・観光・施設マップへ  このページの先頭へ