令和3年度 新型コロナウイルス感染症にかかる介護保険料の減免について

更新日:2021年07月15日

新型コロナウイルス感染症の影響により、失業または収入が減少した方などを対象に介護保険料を減免する制度があります。

対象となる方

次の(1)及び(2)のいずれかに該当する方について、対象となる介護保険料の一部または全部を減免します。

 

 (1)新型コロナウイルス感染症により、同一世帯の主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った第1号被保険者(65歳以上)の方。

⇒全額免除

 

 (2)新型コロナウイルス感染症の影響により、同一世帯の主たる生計維持者の事業収入等(事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入)の減少が見込まれ、次の全てに該当する第1号被保険者(65歳以上)の方。

 

  • 同一世帯の主たる生計維持者の令和3年の事業収入等が令和2年の収入と比べて3割以上減少する見込みであること。

 

  • 同一世帯の主たる生計維持者の合計所得金額のうち、減少することが見込まれる種類の事業収入等に係る所得以外の令和2年中の所得の合計額が400万円以下であること。

⇒一部または全部を免除

新型コロナウイルス減免額の詳細(PDFファイル:45.8KB)

令和2年度相当分の介護保険料について

令和2年度相当分の介護保険料であって、令和2年度末に資格を取得したことにより、令和3年4月以降に普通徴収の納期限が到来するものについても、新型コロナウイルス感染症に係る介護保険料の減免対象になります。

減免の対象となる介護保険料

令和3年4月1日から令和4年3月31日までの期間の納期限となる令和2年度相当分及び令和3年度分の介護保険料。

*既に納付いただいている保険料が減免となった場合は、お返しいたします。

申請に必要なもの

1.介護保険料減免申請書(PDFファイル:81.5KB)

2.3割以上の収入の減少が見込まれる事実が確認できる書類

    【給与収入が減少した方】

         給与明細、雇用主の証明する給与支払証明書

    【事業・不動産・山林収入が減少した方】

         帳簿(収入と必要経費が確認できるもの)

         通帳(事業の入金記録が確認できるもの) など

3.事業等の廃止や失業が確認できる書類(該当の方のみ)

4.新型コロナウイルスに罹患したことが確認できる書類(該当の方のみ)

申請期限

令和4年3月31日まで

減免の可否について

減免の可否については、「介護保険料減免(承認・非承認)通知書」にて順次通知します。