新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

更新日:2021年10月19日

10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ

厚生労働省から10代・20代の男性と保護者の方への新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎についてお知らせがありました。

ファイザー社と武田/モデルナ社の新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されています。

特に10代・20代の男性の2回目の接種後4日程度の間に多い傾向があります。

ワクチン接種後4日程度の間に、胸の痛み・動悸(どうき)・息切れ・むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを受けたことを伝えてください。

10代・20代の男性では、武田/モデルナ社のワクチンより、ファイザー社のワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向がみられました。

このため、10代・20代の男性については、1回目に武田/モデルナ社のワクチンを接種済みであっても、希望により2回目はファイザー社のワクチンを選択できることとなりました。

なお、10代及び20代の女性やその他の年代の方は、引き続き1回目と2回目で同一のワクチンを接種することが原則となりますのでご注意ください。

10代・20代の男性で、2回目のみファイザー社ワクチン接種を希望される場合は、こども・健康推進課(電話92-5762)までご連絡ください。

ワクチン接種による10代・20代男性の心筋炎・心膜炎についてのお問い合わせは、厚生労働省新型コロナワクチンコールセンターへお問い合わせください。

◆厚生労働省新型コロナワクチンコールセンタ

電話0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間午前9:00~午後9:00(土日・祝日も実施)

お問い合わせ先 CONTACT

こども・健康推進課

〒959-4495
新潟県東蒲原郡阿賀町津川580番地 1階
電話:0254-92-5762 ファックス番号:0254-92-3001

お問い合わせはこちら