新型コロナワクチン4回目接種の対象者について

更新日:2022年08月01日

新型コロナワクチン4回目接種の対象者

新型コロナワクチン4回目接種は、重症化予防を目的としているためすべての方が対象となりません。

対象となる方は、次のア.イ.ウ.に該当する方です。

ア.60歳以上の方

【接種までの流れ】

  ・3回目接種から概ね4か月後に接種券が届く。

  ・電話またはインターネットで予約を行う。

  ・接種予約をした日にワクチン接種を受ける。

イ.18歳以上60歳未満で、基礎疾患を有する方または新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方

【接種までの流れ】

  ・基礎疾患等に該当するか、確認する。

  ・該当する方は、接種券の発行を電話(0254-92-0070)で申し込む。

  ・3回目接種から概ね4か月後に接種券が届く。

  ・電話またはインターネットで予約を行う。

  ・接種予約をした日にワクチン接種を受ける。

基礎疾患を有する方とは

次の1.または2.に該当する方は「基礎疾患を有する方」となります。

1.以下の病気や状態の方で、通院または入院している方

・慢性の呼吸器の病気

・慢性の心臓病(高血圧を含む。)

・慢性の腎臓病

・慢性の肝臓病(肝硬変等)

・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病

・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)

・免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)

・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている

・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患

・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸器障害等)

・染色体異常

・重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)

・睡眠時無呼吸症候群

・重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

BMIとは、肥満や低体重(やせ)の判定を表す指標として国際的に用いられている体格指数です。

※BMI=〔体重(kg)〕÷〔身長(m)×身長(m)〕 (身長はcmではなく、mです。)

※BMI30の目安:身長170cmで体重約87kg、身長160cmで体重約77kg。

重症化リスクが高い方とは

「新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める方」については、医学的見地から総合的に判断される必要があるため、かかりつけ医にご相談ください。

詳しくは、厚生労働省ホームページ Q&Aサイト(重症化リスクについて)をご覧ください。

〇補足情報

18歳以上60歳未満の方の接種は、努力義務を適用せず接種勧奨の規定が適用され、今後科学的知見を踏まえて、改めて国において議論されることとなっています。

詳しくは、厚生労働省ホームページ Q&Aサイト(努力義務について)をご覧ください。

ウ.医療従事者等及び高齢者施設等の従事者

【接種までの流れ】

 ・該当する方は、接種券の発行を電話(0254-92-0070)で申し込む。

 ・接種券が届く。

※医療従事者等及び高齢者施設等の従事者の範囲については、厚生労働省ホームページをご確認ください。

お問い合わせ先 CONTACT

こども・健康推進課

〒959-4495
新潟県東蒲原郡阿賀町津川580番地 1階
電話:0254-92-5762 ファックス番号:0254-92-3001

お問い合わせはこちら